FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

追伸:閖上へ

 あの日、ヘリからの空撮の映像が世界中の人の目を釘付けにしました。海沿いの平野、大きな川を遡上する津波の残酷な迫力。あの川は名取川、川の南の岸が閖上。
 閖上について語ってしまったので、どうしても云わなければならない気がします。

 何故、大津波警報を聴いてすぐ逃げなかったの? 遠くへ――。
 ウサギだって、危ないと知ったら一目散に逃げるのに。


日hyde6月1515

 科学者や修行者等、真理を求める者の最大の敵は、自分そのもの。自らの思い込み、身に着いた世間の常識が、真理を見失わせてしまうのです。

 太陽や月や星ではなく、大地の方が動いていると、最初に信じた人の勇気。
 微生物も虫も獣も、ヒトも同じ起源から進化したと、最初に信じた人の勇気。
 大地も大洋も、億という歳月をかけて動いていると、最初に信じた人の勇気。
 物質もエネルギーも同じだと、最初に信じた人の勇気。

 そのようにして、智慧の道を歩む修行者は、おのれ自身が神であることを識ったその瞬間に、悟るのです。

 けれど、難しい。
 祈りを捧げるその瞬間にも神を信じない人々。自分を無力な肉体と思う修行者達。
 心が縛られているので、真理を聞いても別世界の理想だと思い込むのです。
 いのちの尽きる寸前まで危険を視ない。自分と自分の生きる世界が変わる筈がないという思い込みは、こんなにも深い。

 わたしは何処に立っているのでしょう。
 世界の外れから世界を、小さくて大切な地球を見て、伸ばした手をつかんでもらえなくて泣いている…そんな誰かも居るのだと、ホンの少し信じてみて下さい。


彼岸花狂い咲き
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

Comment

Secret

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR