FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

瞑想で地球の時間を感じる

 瞑想って、何時すればいいの?と訊かれて―—
 知恵の道、ギャーナ・ヨガの修行には、いつも内側へ意識を向け続ける努力が大切です。
 
 正解はいつも
 
 それでも、じっくり座って集中する時間は大切です。


2019.7.5燃える夕焼け1

 お勧めは、夜明け前でしょう。
 大地のエネルギーがいちばん高まる時間です。
 植物が、鳥が、虫が、世界が目覚めようとします。
 それは、心のドアをたたく力強いノックのよう。
 私の内なる真我も、深く深く目覚めようとすることでしょう。

 次のお勧めは、日没の前でしょう。
 大地の熱が冷めるとともに、生き物たちの騒々しい気配がすうっと落ち着いきます。
 高ぶっていた気分が治まって、安らぎ始める時間です。
 私の内なる真我も、外側に向かっていた意識を、内側へと向けやすくなることでしょう。


アンモナイト小1

  永遠のように繰り返される時間、季節。
 この大地のエネルギーは、植物がリード役となって流れている気がします。
 朝の光で目覚めて、賑やかに光合成。そのエネルギーを全身に巡らせて眠りにつく夜。
 秋、冬、そしてまた春、夏。
 
 晴れた日は喜びの愛、雨の日は安らぎの愛。
 それを感じ取ることができれば、ステキ。

 科学の世界でも、少しずつ分かってきているようです。
 森が、植物も虫も微生物も含めた、一個の生命体であること。
 それをいうならガイア、地球そのものが、まぎれもなく一個の生命体です。植物も虫も鳥も、微生物もヒトも。
 私の肉体もまた、その一片。
 そして、無限の宇宙の現れです。

 忙しい日には、真の眠りにつく前の15分、心を静める瞑想を。
 心のホコリをはらう、シャワーになりますように。


秋桜の小

スポンサーサイト



Comment

Secret

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR