FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

死の傍らで――放棄?否、貧困問題です。

 ここ数年、逢っていなかった友人の訃報を聞きました。二カ月も前なんて。
 是非ともお悔やみへ行かなければなりません。その訳は…。


2015.10.20旧寺院の庭の睡蓮

 世の中には、毎年のようにインドへ出かける方が居ます。インド哲学の勉強会や瞑想会でお会いするヨガの先生や、熱心な修行者の方々です。
「あなたは行かないの?」
「行きたいけれど、先立つものが無くて」
私は、毎年おんなじお返事。激マジです。収入が少ない、プラス安定性が無いバイト暮らし。

 生活保護水準以下の暮らしのどこがどう辛いか、体験したものでないと分からないと思います。借金も、浪費癖もないから何とかなるなんて、甘い! このネタを社会学的に、人類史や、現代日本の実情や、発展途上国の貧困等などと比較してデータを示しながら解説するとなると、ブログ10本でも足りないくらい。
 貧困は格差、差別とセットになって、深く深く人を傷つけ続けます。それは、テロと戦争の温床であり続けています。ヴィヴェーカナンダさんが、「宗教の前に貧困の救済を」と説いた19世紀も、今も変わりません。悲しい現実です。
 ここは、そういう社会問題を扱うブログではないので、ほぼ省略ということで。
 でも、ひと言いうとしたら…。

――節約、節約って、いつも考えている。いつもおカネ、おカネとそればっかり考えて、疲れている。ホントはラマナのようにお金を投げ捨てたい隠れサドゥなのに、なんでこうなるの!?
 
 「行きたいけれど、先立つものが無くて」
10年前、いつものお返事をしていたら、「これを使って」と一封渡してくださった方が居ました。数回会ったことがある、という程度のお付き合いだったのでびっくり。何しろそれは、お小遣いや御餞別ではなく、インド旅行まるごとの旅費だったのです。

「受け取れません」と返そうとしましたが、彼女も引きません。お節介で頑固で…。私は不意に思い出して、タンスの奥から10万円を取り出して、彼女に見せました。
「そこまで言ってくださるなら、インドへ行くことにします。これは祖母の遺産です。この金を使いますから、そちらは納めてください」。
 結局、彼女のお金は、最初の半分だけ受け取るということで納得してもらいました。
「半分は、もう少しお金持ちに成ったら返します」ということで。
「ありがとう、12月のディーパム(アルナーチャラ最大のお祭り)を見てきます」。

 あの旅で、アルナーチャラで流した涙の意味。
 神様が、私のおカネの悩みを、笑っているみたいだったっけ。

 あれから、10年。いろいろな出来事がありました。病気に恋に、やっぱり駄目なお仕事。お世話になった彼女とは、ここ数年は逢うことも無くなりました。

 彼女が亡くなった? 未だ充分若いのに。
 あれ? しまった!! 未だあのときに借りたお金を返していない。
 私は未だ、貧乏…というより、今年に入ってからは田舎の母が心配で、半分田舎生活。すなわち、収入もゼロ生活中。今、返すのって、あまりといえばあまりに。しかし、今しかない。うん!

 私は、彼女に借りたその額を包んで、花束を持ってお悔やみに行きました。
 これを借金と思ったいるのは、私の方だけかもしれません。返さなくても、多分、彼女は気にしない。多分、誰も知らない。でもきっと、多分多分これは、お金が無くていつも苦しんでいる私を試す、神様の遊びリーラ。

 欲を捨てよ、放棄せよと、昔から聖典で、聖者の言葉として伝えています。ラマナも。
 今、貧しさに苦しんでいるヒトへ、何をどう捨てろっていうの?
 お釈迦様みたいな、王子様、お姫様たちが?

――そんな気持ちを、理解できるのってラッキーだね。世界の在り様が分かる。
 それだけで、あとは要らない。
 もう何も、気にしないことにしよう。


    2015.10.10バラナシ火葬

 無宗教ということで、彼女が去った家には、祭壇らしい祭壇も、お墓も香典も無し。
 来年には、遺骨すらもすべてガンジス河へ流されることになっているそうです。彼女の望んだとおり、何ひとつ残さずに。

 聴こえますか。あなたらしくて、あっぱれ。
 ありがとう。
 合掌


2015.10.20旧寺院から
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR