FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
   

ご機嫌斜め中――癒して癒されたくて

 私は、この頃ご機嫌斜め。
 瞑想の達人!?ともなれば、自分の深層意識を把握していて当然です。うん! 
 僧籍も学位も、カウンセリング資格も無いから、何の証明もできないけれど。

 ようするに、私は現在、心が疲れて安静が必要な状態ってことです。


2018-01-31スーパーブルーブラッドムーン

 精神医学、カウンセリングで扱う心の領域は、深層とはいっても、真の三昧(サマディー)ほどには深くありません。超能力などを研究する学者さんもいらっしゃると思いますが、深層の真我=神。神ご自身を分析できているハズもなく。
 だから、私には心理学ってカンタン。もっとも、自分自身の深層意識を把握して行動できるとしたら、それはもはや隠された深層ではないので、エート!?? キャラは元から崩壊か? 

 根本的に、日本語の心という言葉ってアバウト。インド哲学なら、心はアハンカーラ=自我、チッタ=記憶、ブッディ=判断または良心、マナス=想像または感情と4分類。英語でも、mind=考える心、heart=感じる心と2分類です。
 心を病む、という場合の心は、インド哲学では神経の鞘と呼ばれる部分に当たります。名称や分類法は、翻訳者によってさまざまですが、肉体の鞘、神経の鞘、意識の鞘等々。いちばんの内側の鞘が、魂、真我に相当する歓喜の鞘。それは、絶対に傷つくことも病むことも無い、永遠、普遍のものとされています。

わたしたち、ホントのホントはいつだって幸いで完璧だよ!

 非科学的? 確かに、西洋医学には今は未だ無い身体概念ですが、証明される日はそう遠くないでしょう。
 だから、私は心ではなく「神経」という言葉を使いたいと思います。

 みんな、神経が傷ついて動けないヒトを前にすると、「もっと頑張れ」「もうちょっとやる気を出せば」って言ってませんか。精神医学の本にはどれにでも、「励ましたらダメ」「頑張らせるな」と書いてあるのに。
 しかし、その種の勘違い、無神経を笑うことはできません。他人に同情するには、共感できるイメージというものが必要です。運動しすぎて体が疲れたり、怪我や病気をした場合なら、イメージするのもカンタン。治療やお休みが必要だと、すぐに納得してもらえます。神経の傷の方は見えないから、イメージしにくい、というのが根本的な問題なのです。
 その結果、全治六か月以上の心的外傷も、人格崩壊の危機でも、必要な支えを貰えない。それがこの世界の常識です。病人が無理をして(させられて)、病をこじらせて悪化。心の風邪ともいわれるうつ病でさえ、実際にはなかなか治らなくて、苦しんでいる人がたくさん、たくさん…。悲しいけれど、世間ではよくあることです。
 
私には、そのイメージがアリアリと見えるのに。 
病人を病院の替わりにジムへ行かせるようなアドバイス、止めようよ。


 私はご機嫌斜め中。私の場合、深層=表層なので、自分の神経の状態を観察、分析、把握して、休ませています。例えば、こんな感じ。

――例えば、店先や駅や各種窓口などで、意味もなく待たされたとき、何分でキレそうになる? 例えば、大切な約束に、意味もなく遅れがち。5分? 10分? 時間の感覚が変。例えば、好きな映画やドラマ。盛り上がるはずのシーンが、耐え難い。例えば、大好きなスキーにやっと行けたのに、ゲレンデやリフトで緊張して吐きそう――。

 つまり、好きでも嫌いでも、スリルはすべてストレスになってしまっている。
 暑いのも寒いのも、眩しいのもうるさいのも、蒸れた下着もゴムの感触も、つまらないテレビも、使い慣れないスマホも、何もかも耐え難く、苦しい。苦しくて、堪らない。

 うわ、これってボロボロ。私の神経は、かなりひどい病的状態にあるようです。医者の診断よりも確か?(多分)
 体の傷がヒリヒリ痛むように、私の神経がヒリヒリと悲鳴を上げています。苦しい。
 病院に行って訴えたら、安定剤をたっぷり貰えるでしょう。

 私の場合は、瞑想のテクニックで気持ちを安定させられるので、薬は要りません。アルコールも麻薬も必要なし。(真実の愛と甘いお菓子は少々欲しい…)。

 瞑想も、マインドフルネスも、癒しの効果は抜群。内なる幸いが、いつでも見つけられるはずです。お勧めです。

 ただし、この安静状態は健康状態ではないので、無理はできません。超虚弱で繊細な体調、神経状態であることに変わりはありません。ちゃんと治るには、それなりの時間が掛かるものなのです。今のところ、人並みな言動を保つには、人並み以上の努力が必要です。――疲れるなあ。

 そして、私の場合は達人過ぎて、別の問題が生じます。
 真我は、至福の境地。内なる喜び。つまり、外側に原因がない純粋な喜びです。私の笑顔、意味不明の笑いっていうことになっちゃいます。人はそれをどう解釈するでしょうか。優しそう? 幸せそう? それならうれしいけれど、気味の悪い思い出し笑いやあざ笑いに見えることもあるようです。何しろ私って、「根が神経質」だし。
 そして、もうひとつ、瞑想に入っている私は、誰に対してもエラそうなため口です。高僧も社長も、犬猫も同じように𠮟責(きゃあ~!)。だって、自他の区別さえどんどん曖昧になっちゃうのだもの。(プチ・サマディー?)半分チャネリングしながらしゃべっている、とイメージすれば近いでしょうか。
 しかし、世間の常識って、心の傷のように見えないものは無いというレベルでしたね。
 私のこの変人レベル、後から説明しても意味不明。僧籍も学位も、カウンセリングの資格も無い人間の、くだらない言い訳に聴こえるかもしれません。困ったものです。


紫花菜1

 私はご機嫌斜め中。この神経の傷って、全治六か月くらい? 治療期間は、新たなストレスがやって来ない場合を想定しているのが、難しいところ。

 ナニ? そろそれ新しい仕事を探して、働け?
 無理! でも、少なくとも心の病には詳しいので、そのような方に寄り添ったアドバイスなら、できるかな。
 何よりも、他人を助けるのって、助ける側にとって、最高の癒しです。
 私は、誰かを助けたくて仕方がないのです。
 もちろん、瞑想と真理についてのアドバイスも得意中の得意です。

 各種質問OK。その手のご依頼、お待ちしています。
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR