FC2ブログ
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

奇跡の復活! 恋という名のお酒

 湧水の流れる、せせらぎのほとりに建つ小さな酒屋さん。そこだけで売っていたお酒の話を、以前紹介しました。今はもう買えないのだと。
2009年国分寺の秋
ここから→「恋という名のお酒」

 そのお酒を醸造していたのは、福島県浪江町の請戸漁港の酒造店でした。
 日本一海に近い酒蔵。津波にさらわれて、原発事故で汚されたその場所。
 忘れられる訳がありません。酒屋さんの方は変わらずそこにあるのに。
 喪失の痛み。震災で失われてしまったものはたくさんたくさんあるのだけれど、それだけは、まぎれもなく私のものでした。

 震災の被災地応援のニュースの中で、その酒蔵が山形県長井市の方で再開されたことを知りました。再建のきっかけは、酵母の存在だったと。
 お酒の味を決める酵母は、蔵と共に永い歳月をかけて育っていき、その蔵独自のものになります。それ無しでは、同じお酒を造ることはできません。だから、酒蔵の全壊は、そのお酒の消滅でもあったのです。
 その肝心かなめの酵母が、たまたま研究室で保管されていたなんて、奇跡みたいですね。
 それから、移り住んだ長井の地で、浪江町の蔵人たちがどのように頑張ったのか、私には推測するしかありません。被災者をたくさん受け入れて支援している優しい人々の存在も。
 永劫の時の中で、すべてはやがては失われてしまうけれど、再生するものもあるということ。例えば、江戸の昔から守り伝えられてきた蔵の味を、絶やしたくないと願う人々が、変わらずにそこに居るならば。
 
 そして、久しぶりに訪れた酒屋さんの棚には復活した「純米酒 恋ヶ窪」。
 たかがお酒。されど…そこにどれほどの人々の営み、想いがあるのでしょう。

       2015.6.16edifier6.19恋ヶ窪
 父の日に、「恋ヶ窪」を贈りました。なにしろ、私の住む恋ヶ窪の水、父の住む秋田のお米、そして福島の蔵人の作品です。退職前の数年を、電力会社の所長として福島で過ごした父へ、思いが伝わることを信じて。

 私は、買ったばかりのスピーカーで乾杯。
 明るくて豊かな福島、清らかな水が流れるあの山河が、どうかどうか再生しますように。
スポンサーサイト



プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR