FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

私は誰…43―金色の夢を見ている

  2013.12.7靖国神社2
                      靖国通り
 ふいに思い出してしまいました。教室の窓から、こんな金色の秋を見ていた日のことを。
 中学時代の古い校舎の脇には、ポプラ。大学の研究室脇には、イチョウの木がありました。午後の陽差しが教室の奥まで差し込む、光り輝く秋の終わり。小春日和のゆるい風の中、イチョウの葉が踊っていました。

 ゆうらりゆらり キラキラ
 ゆうらりゆらり キラキラ

 光の中で、光に包まれて愛されて、そんな風に終われるとしたら、なんて幸福な一生かしら。
 幸福。そんな風に生きるられる日なんて、来ないかもしれない―――会話の仕方を忘れてしまった私には、話しかけるヒトも無くて。

 そんな事ばっかり考えていた学生時代でした。
 その光は、いつでも此処にあったのに。


    2013.12.7靖国神社1
     2013.12.6靖国神社フリマの仏頭

 神社のフリーマーケットで仏頭を買い、そのままバガヴァット・ギータの勉強会へ行きました。その日の講話は、偶像崇拝について。お釈迦様のお顔を拝しながら聴くことになりました。
 今年、先週は外苑前、そしてこの日もまた見事なイチョウに巡り合える偶然。こんな小さな出会いの中にも意味を与えて下さる恩寵。その光は、いつでも絶えることなく私達へ降り注いでいるのでしょう。

 ゆうらりゆらり キラキラ
 ゆうらりゆらり キラキラ

 ずっとずっと、幸福だったんだよね。

 私の夢は、いつも金色の光の中です。
 自分が世界一不幸だと信じていたあの時代も、相変わらず何一つ持たない今もなお。


  2013.12.5外苑前2外苑前
  2013.11.27国分寺の紅葉
武蔵国分寺傍

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR