FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ウサギ君は12歳

 ウサギ君は、今月で12歳になりました。

 動物たちは、人間から普遍的な愛を学んで、魂をケモノからヒトのレベルへ成長させる為に、私達のそばにやってくるのだと聞いたことがあります。だから、ペットを飼うのは子育てと同じ、魂のボランティアなのだとも。ホントかな。

「白いコと黒いコをかけ合わせたらどうなるか試したら、増え過ぎちゃって」という話が聞こえてきたのは、短期バイトのバイト先でのこと。
「え、うさぎ? 見たいなあ」
「明日フリマで配るんだけど、貰って!」
「昔飼っていたコがパンダだっから、パンダの女の子なら」
 バイト帰りにその人の家の前で、ふわふわもふもふのちびを手のひらに載せられて、引くに引けなくなりました。
 それが12年前の10月の終わり頃。だから9月生まれというのは推定です。

  彼岸花2013.9.18
今年初めての彼岸花。中秋の名月はウサギ君とふたりで見ることでしょう。

 ウサギ君と一緒に暮らし始めて驚いたのは、頭がいいこと。(昔飼っていた犬より?)しつけ等は1、2回でクリア。日本語が通じるみたいだと、預かって頂いた知人も納得してました。
 困ったのは、健康のためにはペレットよりも牧草が良いのに、ちっとも食べてくれなかったこと。子供の好き嫌いに悩む母親の気分ですね。そこで「ゴハン!」とお皿に牧草を載せて出したら、「これはゴハン(ペレット)じゃない。嘘つき!」とウサギ君マジ切れ。「嘘をつくのは悪いこと。信頼こそが大切」と、抗議して、その後丸1日クチをきいてくれませんでした?!(ペットにお説教されるなんてショック…)
 犬は飼い主に忠誠心を捧げるもの、ウサギは飼い主に信頼を託すものなのだそうです。彼にとって、信頼こそが本当に大切な信条なのでしょう。

 彼? そう、もう一つ驚いたのは男の子だったこと。足に抱き付かれるまで気付かなかった…。
 ウサギは、一緒に暮らしている相手を、同じ仲間とみなして求愛行動を取るものなのだとか。「キミはウサギ、私はヒトだからムリ。止めなさい」と説得しても、諦めません。ふられたことだけは理解して、「ウソ!」とがっくりしても、すぐに復活。草食系男子の中でも最強○○○です。
 去年、私にカレシが出来たときは、あまりのショックで体重が2割も減少し、自慢の毛並みもボロボロに。
 彼にとっては生涯をかけた恋。トシなので命の危険もあり、笑い事じゃありません。カレシ=ロクデナシとちゃんと絶交した今も、体重は戻りません。

 ウサギ君の態度がちょっとだけおかしくなったのは、今年の春のこと。旅行で数日間、ウサギ専門のペットショップ&ホテルに預かってもらった後のことでした。「話しかけてこない」「求愛しない」つまり、タダのペットの振りしてる? 知人に預けた後には、そんなことなかったのに。

 心当たりがあるとすれば、私と話せるウサギ君は、当然、ウサギ同士でお話しできるはずであること。犬の場合は、犬同士の付き合いを通して、犬として自覚が芽生えるそうです。彼は、ウサギ屋さんでウサギ同士のおしゃべりを通して、ペットとしての自覚を学んだのでしょうか。
「ウソ。あなた人間に求愛してるの? 変態ね」
「そうそう、人間はご主人さまだから、私達ウサギと別なのにね」
と、ウサギの女の子に言われていたりして。

 私は、ウサギ君の成長を喜ぶべきでしょうか。でも、扱いやすくなったウサギ君は、無表情でつまらない。そこで説得してみました。
「キミはウサギ、私はヒトだけど、区別はやめよう。対等でいいんだよ」
 ウサギ君はにっこり。元通りの仲好しです。
 彼が対等、平等という概念を、すぐさま理解したのに、私はまたまたビックリ。しつけの場合と違って、抽象概念ですから。私は彼とおしゃべりできることを、99.9%信じていたけれど、ホントのホントに通じてるんだね。

 自由も平等も信頼も、すべて彼、彼等動物たちはその本性で理解できるのでしょう。普遍の愛、肉体レベルを越えた愛を教えるのは難しいけれど、そこまで解ればヒトへ魂の進化は、もうすぐそこだよ。

 12歳を迎え(ヒトなら百歳以上?)しつこいラブハンターウサギ君の復活。
 ホテルに預けて旅に出るのも、新しいカレシを作るのも、もうちょっと待ってあげようかしら。


 
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR