FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ありがとう、うさぎ君

 命は、こんなにも重い。
 こんなにも輝いている。
――わたし、これほどいのちと向き合い続けたことってなかったと思います。 
2014.11.18姿見の池のそば

 10月31日10時、うさぎ君を自転車の荷台に乗せて病院へ行きました。
 うさぎ君はトシのせいで奥歯がほとんど抜けて、残った歯だけが伸びるため、口の中が化膿しています。抗生物質で治療中でしたが、先週はついに頬が破裂。病院で、すっきり消毒しました。この日の通院はその傷口のチェックと、お薬をもらうためのもの。前夜から食欲がなかったので、ついでに点滴もしてもらいました。

 11月4日10時、胃腸がなかなか回復せず、また病院で点滴。

 ニンジン下ろし、ヨーグルト、りんごジュース、ビスケット…食べやすいものや消化に良いモノを選んで薬と一緒に与えますが、なかなか食べてもらえません。ケージの扉を開けておいても、中で寝てばかり。

 胃腸薬が切れて、また食欲ダウン。人間用の胃腸薬を取り敢えず上げてみたけれど、効果なしです。ニンジン下ろしもあまり食べなくなりました。背中をさすって気を送っても、キャベツを少し齧るだけ。
 足腰も弱って、トイレも上手くできないようです。何故か、カーペットの上へわざわざやって来てお漏らし。私の顔を覗き込んでニコッと笑うので、怒ることもできません。

 もう駄目! また点滴しなくちゃ、と思ったその日は、病院がお休み。私には、見守るしか術がありませんでした。がりがりに痩せた背中を手のひらで温めながら。

 11月14日13時、弱っているうさぎ君が、またケージから出ようとします。入口から落っこちてドタ。ズルズル、ドタ、ズルズル…。傍に来ようとします。私は、うさぎ君の糞尿にまみれたお尻を洗ってから、病院へと急ぎました。

 うさぎ君、体温32℃、ひどい貧血で腎機能も肝機能も低下。緊急入院になってしまいました。
 酸素吸入、保温、点滴――これって危篤?
 洗ったのがまずかった?
 もっと早く来るべきだった?

 3時間後、体温36.5℃。未だ冷たいけれど、取り敢えず連れ帰ることができました。

     2014.11.15オムツデビュー
 ストーブの前の座布団に横になったまま、うつ伏せ座りもできないうさぎ君。それでもやっぱり、私の方へズルズル、這ってきます。
 何故? この頃は寝てばかりが多かったのに、何で出てくるの? 死期を悟って?
―――ああそう、私の足元、座椅子の脇がキミの指定席だったね。

 11月15日、紙オムツを買いに行きました。うさぎ君、オムツデビュー。これでお漏らしを気にせずに抱っこできます。
 膝に乗せ、抱きしめても抱きしめても、手足が冷たくて温まりません。歯を時々カチカチ鳴らすのは、苦しい息をしているからなのでしょう。

 11月16日、体温は戻りましたが、食欲が戻りません。ジュースにお薬とペレットの粉末を入れて、注射器で飲ませるのがやっと。

 こんなに長時間、うさぎ君を抱っこしたのは、実は初めて! オトコは抱き付くモノで、抱かれるモノじゃないというのがカレの言い分です。
 でも、ナデナデされて甘えるのは大好き。手のひらで頭をそっと持ち上げると、私の顔を見て笑ってくれます。大好きなリンゴをひと口だけ。
 その日は寝る前まで、ずっと膝に抱いたまま一緒にいました。

 11月17日月曜日、朝一番にケージをチェック。うさぎ君、未だ大丈夫みたい。寝返りを打てないほど弱っているけれど。
 抱き上げてストーブの前へ連れてくると、薄眼を開けて口をパクパク。話したそうにします。
――これって、お別れの言葉? まさかね…。
 朝食と薬の準備をして戻ってくると、もう息をしていませんでした。

 2014年11月17日7:40AM、永眠。享年13歳2カ月。
2014.11.18ハイドちゃん見送り

 いっぱい私を愛してくれました。

 うさぎの男の子の求愛の激しさを、タダの本能と笑うことはできません。本能と真の愛を区別する智慧が未だ無いということは、本能に真の愛までも含まれて居るということ。千のキス、万のキス、いつでも真剣で本気で。

 私の傍で最期を迎えると決め込んで、全うしたね。だから、笑っているんだ。
 普遍の愛を何百回説いても理解きなかった君も、成仏できたみたい。ヒトへの転生は無理だとしても。
 
 本気で愛して、本気で生き抜いた君に乾杯! 
 今まで、傍にいてくれてありがとう。

 11月18日、近くの公園の傍でうさぎ君の火葬式を行いました。
 失くしたものなんて何も無い。けれど、菊の花に包まれキレイになった君への愛おしさがふいに込み上げて、泣きそう。
 指の長さ程の大腿骨、爪くらいの肩甲骨、手のひらくらいの頭蓋骨、ひとつずつ拾って壺に収めて…。午後の日差しが眩しくて、明る過ぎてくらくらします。

 未だ、朝起きて君の気配を探してしまいます。当分、慣れることはできそうにありません。
 
スポンサーサイト



瘤取りウサ爺さん――12歳11カ月

 トシを取るってこんなに大変なんですね。

 ウサギ君、硬いものを食べられなくなりました。野菜は1年ほど前からみじん切りオンリーです。胃腸が弱いのは分かるけれど、歯は伸び続けるので頑丈なはずだったのに。
 奥歯が、一部抜けて歯並びガタガタ。残った歯が伸びて頬を直撃した結果、化膿して腫れあがってしまいました。


20140716瘤取りハイちゃん

 奥歯をカットして、膿を掻きだして消毒しなくちゃ。でも手術はNG。トシだから、全身麻酔で永眠の危険があるのです。自然に皮膚が破れて膿が出るのを待っていたら、瘤取り兎爺さん顔になってしまいました。
 お医者さんが、頬に針を刺して、その穴から膿を絞ってみたけれど、途中で断念。

 そりゃ、痛いに決まってるよお! 何度もぷすぷす刺されて、途中まであばれずによく我慢したと思います。病院が何なのか、ちゃんと分かっているでしょう。

 野生なら、食欲不振で弱ってさっさと成仏しちゃってます。けど、人間の常識として、胃薬や歯医者で治る病気をほっとくなんて有り得ない。自分の家族なら…。
 週末には病院通いの日々。胃腸薬が欠かせません。胃薬等々、毎日飲んでいるお年寄りって、人間なら普通なんですが。
 
 私が迷うのは、命は終わるものだということ。定めに従い逝ってしまうのも恩寵、祝福なのだと知っているから!! 

 ウサギ君、その気も無いのに引きとめられて、苦しんだりしてない? 本当に?
 大好きなニンジン、細切りも食べられなくて、悲しかったのはウサギ君自身だったんだよね。胃腸のせいと思って気付くのが遅れてごめんなさい。痩せちゃって…。ニンジン下ろしとりんごジュースでご機嫌ジャンプ! バナナもよさそ。

 早くイケメンに戻れるといいなあ。
 いつか別れるその日まで、気持ち良く過ごせますように。

不死鳥のように

こたつウサギ1.30
正しい炬燵の入り方?

 ウサギ君が食事をしなくなって、三日間病院通いをしました。食事を受け付けないお年寄りと同じく、点滴、注射、お薬のフルコース。必死で背中をさすってあげて、三日目にやっと食べ始めました。奇跡的な体力! 不死鳥!とお医者様も賞賛です。
 
 彼がお腹をこわした日、私は久しぶりの断食を実行していました。貧血気味で横になっている私の寝顔を、ずっと覗き込んでいたウサギ君。私が彼によけいな心配かけちゃったせいなのかしら。

 健康な頃2100gだった体重が、今は1500gしかありません。撫でると、骨と皮なのが悲しいです。でも、光の中へ見送るべき時ではない気がします、未だ。
 もう少し、傍に居てね。

テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

ウサギ君は12歳

 ウサギ君は、今月で12歳になりました。

 動物たちは、人間から普遍的な愛を学んで、魂をケモノからヒトのレベルへ成長させる為に、私達のそばにやってくるのだと聞いたことがあります。だから、ペットを飼うのは子育てと同じ、魂のボランティアなのだとも。ホントかな。

「白いコと黒いコをかけ合わせたらどうなるか試したら、増え過ぎちゃって」という話が聞こえてきたのは、短期バイトのバイト先でのこと。
「え、うさぎ? 見たいなあ」
「明日フリマで配るんだけど、貰って!」
「昔飼っていたコがパンダだっから、パンダの女の子なら」
 バイト帰りにその人の家の前で、ふわふわもふもふのちびを手のひらに載せられて、引くに引けなくなりました。
 それが12年前の10月の終わり頃。だから9月生まれというのは推定です。

  彼岸花2013.9.18
今年初めての彼岸花。中秋の名月はウサギ君とふたりで見ることでしょう。

 ウサギ君と一緒に暮らし始めて驚いたのは、頭がいいこと。(昔飼っていた犬より?)しつけ等は1、2回でクリア。日本語が通じるみたいだと、預かって頂いた知人も納得してました。
 困ったのは、健康のためにはペレットよりも牧草が良いのに、ちっとも食べてくれなかったこと。子供の好き嫌いに悩む母親の気分ですね。そこで「ゴハン!」とお皿に牧草を載せて出したら、「これはゴハン(ペレット)じゃない。嘘つき!」とウサギ君マジ切れ。「嘘をつくのは悪いこと。信頼こそが大切」と、抗議して、その後丸1日クチをきいてくれませんでした?!(ペットにお説教されるなんてショック…)
 犬は飼い主に忠誠心を捧げるもの、ウサギは飼い主に信頼を託すものなのだそうです。彼にとって、信頼こそが本当に大切な信条なのでしょう。

 彼? そう、もう一つ驚いたのは男の子だったこと。足に抱き付かれるまで気付かなかった…。
 ウサギは、一緒に暮らしている相手を、同じ仲間とみなして求愛行動を取るものなのだとか。「キミはウサギ、私はヒトだからムリ。止めなさい」と説得しても、諦めません。ふられたことだけは理解して、「ウソ!」とがっくりしても、すぐに復活。草食系男子の中でも最強○○○です。
 去年、私にカレシが出来たときは、あまりのショックで体重が2割も減少し、自慢の毛並みもボロボロに。
 彼にとっては生涯をかけた恋。トシなので命の危険もあり、笑い事じゃありません。カレシ=ロクデナシとちゃんと絶交した今も、体重は戻りません。

 ウサギ君の態度がちょっとだけおかしくなったのは、今年の春のこと。旅行で数日間、ウサギ専門のペットショップ&ホテルに預かってもらった後のことでした。「話しかけてこない」「求愛しない」つまり、タダのペットの振りしてる? 知人に預けた後には、そんなことなかったのに。

 心当たりがあるとすれば、私と話せるウサギ君は、当然、ウサギ同士でお話しできるはずであること。犬の場合は、犬同士の付き合いを通して、犬として自覚が芽生えるそうです。彼は、ウサギ屋さんでウサギ同士のおしゃべりを通して、ペットとしての自覚を学んだのでしょうか。
「ウソ。あなた人間に求愛してるの? 変態ね」
「そうそう、人間はご主人さまだから、私達ウサギと別なのにね」
と、ウサギの女の子に言われていたりして。

 私は、ウサギ君の成長を喜ぶべきでしょうか。でも、扱いやすくなったウサギ君は、無表情でつまらない。そこで説得してみました。
「キミはウサギ、私はヒトだけど、区別はやめよう。対等でいいんだよ」
 ウサギ君はにっこり。元通りの仲好しです。
 彼が対等、平等という概念を、すぐさま理解したのに、私はまたまたビックリ。しつけの場合と違って、抽象概念ですから。私は彼とおしゃべりできることを、99.9%信じていたけれど、ホントのホントに通じてるんだね。

 自由も平等も信頼も、すべて彼、彼等動物たちはその本性で理解できるのでしょう。普遍の愛、肉体レベルを越えた愛を教えるのは難しいけれど、そこまで解ればヒトへ魂の進化は、もうすぐそこだよ。

 12歳を迎え(ヒトなら百歳以上?)しつこいラブハンターウサギ君の復活。
 ホテルに預けて旅に出るのも、新しいカレシを作るのも、もうちょっと待ってあげようかしら。


 

テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

ウサギのダンス――愛の形

 時々、人と話をしていて眩暈のような感覚に襲われます。体験した事実、有力な仮説、推論、他人の噂…それを厳密に区別して話しているのは私だけ? 嘘と曖昧さが真理より大事?

 肉体よりも心が大切。幸福、愛を内側にみつけなさい…なんていうと、まるでお説教みたい。でもそれは皆、モラルでなくて事実なのだって。
 真空=無が無限のエネルギーの場であるように、感情の鞘にある愛情や幸福感の消えた向こうに、無限の真の幸福、愛がある。
 それは、信念でも理想でもなく、単なる事実です。死が悲劇的エンディングでなくて、気持ちいい、素敵なものだと体験すれば分かるように。

 神の実在も。
 それは神学や哲学とは本来、別次元のものです。

 愛は? 愛の体験とは?
 ウサギのハイドちゃんは毎日、お尻ふりふり求愛ダンス。彼が愛を知らないと誰が言えるでしょう。
 キス一つで駄目なら、千、万のキスをして、私をいつか口説き落とせると信じて。
 真剣でスケベな…本気のキス。
 動物が肉欲だけというのは嘘。相手のOKと誠意を真摯に求め続け…ペットを恋愛中の恋人並みに扱えと云われても難しいけれど、手抜きすると怒られる。(放尿攻撃)
 超真剣です。必要なものだから、欲望があり、それを善悪で判断するのは人間の身勝手なモラルです。
 彼が愛を知らないと誰が言えるだろう。

 モラルは、時と場所、次元が変わると変わるもの。善が悪になり、悪が善になる。
 鳥たちは先を争って餌をついばむ。心癒される風景だけど、同じことを飢えた人間の群れが行ったら、殺伐とした風景に違いありません。

 肉欲なんて自分じゃないからほっとけ! 

 しかし、感情でない愛を、誰が体験せずに理解できるでしょう。
 瞑想により心が完全に鎮まった、そのもっと向こうにあるもの。笑顔に隠れている愛でも、行為や言葉に潜む愛でもなく、愛そのものが存在するということ。
 ダイヤモンドダストのように…ダイヤモンドダストよりもキラキラと切ないほどに繊細ではかない光…天上から無限に降り注ぎ、ときには愛する人へ向かって空中を流れていくもの。
 それは、「体験できる事実」なのです。

 

テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Who‐kuちゃん

Author:Who‐kuちゃん
20世紀インドの大聖者ラマナ・マハルシ、聖地アルナーチャラとの深い縁を支えに、宗教も哲学も超えて行きます。真の自分をみつけるお手伝いが出来たらいいなあ。
私はわたし。
いつだって幸せ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR